小田嶋さん Twitter:最も人気のあるツイート Japan

小田嶋さん Twitter

【訃報】コラムニスト・小田嶋隆さん死去 65歳 現代社会を鋭く批評 味の素ゼネラルフーヅを退社後、ラジオ局アシスタントディレクター、作詞家などを経験。著書に「日本語を、取り戻す。」「小田嶋隆のコラムの切り口」「超・反知性主義入門」などがあります.

私がある騒動の際、ヤケになって文春の連載を降りると言ったとき、それまで相互フォローではあったもののほぼ会話したこともなかった小田嶋さんが長文のDMで引き止めてくれました。そのDMはいまだに心の支えです.

小田嶋隆さん(コラムニスト)が24日、病気のため亡くなりました。65歳でした。月刊誌「噂(うわさ)の真相」(休刊)などさまざまな媒体でコラムを執筆し、反権力の立場から鋭い社会批評を繰り広げました。.

小田嶋隆さんの訃報、ショックです。こんな現在だからこそ小田嶋さんの鋭い視点が必要なのに。ぼくは一度だけラジオ局でご挨拶させて頂いただけですが、残念でなりません 小田嶋隆さんが死去、65歳 反権力の論客、コラムニスト 雑誌「噂の真相」で執筆:東京新聞 TOKYO Web.

意見が合わないとこもあったけど、この人のコラムは好きだった。御冥福を祈ります。 コラムニストの小田嶋隆さんが死去 「ア・ピース・オブ・警句」 (朝日新聞デジタル).

アル中(正しくはアルコール依存症)地獄から抜け出そうともがいている最中、バイブルのように読んだ、小田嶋隆「上を向いてアルコール」。アル中は、坂を転がるボールであることを教えてくれた。治らない、やめたら止まるだけだと。小田嶋さんというボールは、雲の上に浮かんだ。もう転がらない。.

小田嶋隆さんが65歳の若さで亡くなられてしまった。。。意見が近くても異なっていても、信頼のおける言論人が亡くなるのは辛いなぁ。。。.

小田嶋隆さん、早すぎます。 心よりご冥福をお祈りいたします。.

小田嶋隆さん、お疲れ様でした。日経ビジネス電子版のピースオブ警句再掲載。 研究室にいらしていただいたときの笑顔の小田嶋さんです。 私がどう思っているのかにかかわらず、客観的に見れば、その可能性はある。晩年コラムニストの晩年コラム。多少ありがたみが増すだろうか.

素敵な一文ですね。小田嶋さん Twitterで愛してました.

小田嶋さんというとアイコンがこれのイメージだったんだが、闘病でずいぶん痩せちまってたんだな…… 合掌🙏.

小田嶋さん 写真,小田嶋さん 写真 by ばるこん・シンセシス・3歳児,ばるこん・シンセシス・3歳児 on twitter tweets 小田嶋さん 写真

突然の訃報に驚きです。 どんなテーマに対しても歯に衣着せぬ物言いをする小田嶋さんの文章は、内容への賛否を超えて、ただただ痛快でした。 また、豊富なボキャブラリーに裏打ちされた圧倒的な日本語表現力は、同じく文章を書く者として心から尊敬できるものでした。 ご冥福をお祈りします。.

コラムニスト 小田嶋隆さん死去 #Yahooニュース.

日経ビジネス電子版、さらには前身の日経ビジネスオンラインからコラム連載を通じて媒体を支えていただきました小田嶋隆さんが永眠されました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。.

小田嶋隆さんは、自分がtwitterを始めてから、全然知らない人だけどツイートが面白いな、と思ってフォローした最初の人だな。まあ大笑いというよりはだいたい苦笑なんだけどw.

え、小田嶋さん亡くなられたたのか...。 また「たまむすび」に戻ってこられてくるのを願ってたのに...。 残念です。 #tama954.

小田嶋さん亡くなったのか。。。 コラム好きだったんだけどなぁ。 合掌。.

@hirakawamaru ショックです😱⤵️⤵️本当ですか?小田嶋さん…まともなことを言ってくれる人が、また一人….

ぶっちゃけ小田嶋さんはフォローしてなかった あの粘着質なツイートがどうにも鼻について でもなんかの拍子にコラムの無料期間が知らされるとつい読みにいってしまい 浅いんだか深いんだかわかんない小田嶋マジックに煙に巻かれてそれでもやっぱりうーんとうなって戻ってくるのが常だった 寂しいなあ.

#遺稿 、改めて #RIP 小田嶋隆さん、お疲れ様でした。そしてありがとう。:日経ビジネス電子版.

小田嶋さん、ありがとうございました。たくさん勇気づけられた...それにしても早すぎる。.

合掌。 なかなかいやらしい文章をひねり出す人だでしたがその姿勢は一貫していたように思います。 近影を見るのは初めてかもしれない。過去にアル中で苦しんでいた影響からか実際年齢よりも高齢に見えます。 小田嶋隆さんの文章が読めなくなるのは残念です。.

小田嶋さんがあのようになられたのだとするとその席は立川なんとかさんかラサールなんとかさんが争うのであろうか?.

Japan トップトレンド
  • イルノート
  • インプットマグナム
  • エアコン
  • ガンエボ
  • ガンズ来日
  • キャンサー杯