Unity Software soars in blockbuster NYSE debut

3Dゲームエンジン開発のUnityがIPO、正式な取引初日に株価が31%以上も上昇

Unity Software soars in blockbuster NYSE debut Photo

正式な取引初日、同社の株価は31%以上も上昇した。1株当たり75ドルで始まり、68.35ドルで取引を終えた。Unityの株価上昇は、昨夜同社の株価が1株当たり52ドル(Business Wire記事)と、44ドルから48ドルのレンジ(未訳記事)を大きく上回り、それ自体が同社の当初の目標を上方修正したあとに来た。

「Pokémon GO」や「Iron Man VR」のようなゲームはUnityのソフトウェア開発環境に依存しており、同社のツールキットをサポートに使用しているほかの多くのモバイルゲームアプリケーションも同様だ。同社の顧客は、小規模なゲームパブリッシャーから、Electronic Arts(エレクトロニック・アーツ)、Niantic(ナイアンティック)、Ubisoft(ユービーアイソフト)、Tencent(テンセントなどの大手ゲーム会社まで多岐にわたる。

UnityのIPOは、クラウドベースのビッグデータ分析会社のSumo Logic、データ特化型クラウドサービスのSnowflake、パッケージリポジトリのJfrogなどの評判のいいデビューIPOに続くものとなった。TechCrunchは米国時間9月18日の株取引の時間外にUnityのCFOであるKim Jabal(キム・ジャバル)氏に取材し、取引について少し掘り下げた。

同氏によると、機関投資家向けの会社説明会であるロードショーをZoomで開催したことに利点があるという。彼女のチームは1日に1つの地域に集中して業務に取り組む必要がないため、Unityでは特定の火曜日の朝、ボストンやシカゴで誰が暇だったかではなく、会社が会いたがっている人に基づいて時間を 「最適化」 できる。

既存顧客の収益の拡大率を測定する「ドルベースの純拡大率」は、引き続き12カ月間の既存顧客の収益の拡大率を測定し、2018年12月31日時点の124%から2019年12月31日時点の133%、2019年6月30日時点の129%から2020年6月30日時点の142%へと成長し、この戦略の力を実証している。

私たちは聞かざるを得なかった。そしてその答えは「同社のプラットフォームの強さと、顧客がどのように時間をかけてUnityのサービスをより多く利用する傾向があるかの組み合わせであり、それは顧客とともに成長している」と同氏は説明する。2つ目のカギとなる要素は「ゲームを中心とした利用の増加」によってUnityに「追い風」を与えた2020年特有の状況だったという。

Top Tweets About The Story

Top News Stories